アレルギーをお持ちの方へ

歯科治療で問題になるアレルギーは概ね3つあります。

1.金属アレルギー

2.薬剤によるアレルギー

3.ラテックスアレルギー 

 

1.金属アレルギー

主に銀歯やアマルガムが問題になります。皮膚科による検査で原因金属を選別し、別のマテリアルで修復を行う事で解決します。

基本的に保険外になりますが、最近は選択出来る材料が増えました。

従来、金属アレルギーは金属が使用できず、代替えの素材が貧弱な性能の為に、設計限界がかなり感じられました。例えば、金属ならブリッジで、固定式に出来るのに入れ歯にする必要があったりしました。

ジルコニアが金合金の代替素材として使用できる事で、非金属設計であるがゆえの設計限界が少なくなりました。

 

2.薬剤によるアレルギー      

初診の患者さんに問診票を記入して頂いていますが、これが非常に重要です。

歯科の外来ですぐに臨床検査はできません。従って、患者さんとの問診が情報の比重として大きいです。

薬剤によるアレルギーは新たに発生する場合もありますが、ほとんどの場合、過去の既往を確認すれば回避出来ます。

問診票は勿論ですが、あらたに分かったお体の状態は出来るだけお知らせください。

 

3.ラテックスアレルギー

歯科治療で使う手袋、グローブに使用されています。また、歯内療法で使用するラバーダムにもラテックスは使用されています。

野澤歯科医院では日常診療でラテックスグローブは全く使用していません。ラテックスでは無い素材、ニトリル製のグローブを使用しています。

当院受診経験のある方はお気付きかもしれませんが、治療中にゴム臭くありません。

ラバーダムもラテックスフリーのシートを用意してあります。

完全にラテックスフリーの環境で、安心して受診していただけます。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]