自宅鎌倉と職場新橋の往復生活にやや飽きてきている今日この頃、珍しく関西行きの企画が。

11月に大阪へ、12月に京都に向かいます。

大阪はいとこの結婚式。今週日曜日でした。40年ぶりの大阪は、当時の記憶はほとんど無く、見るものすべてが新鮮でした。

「ここが新大阪の駅か。新横浜より乗り換えが楽ね。新大阪とは新しい大阪と言う意味と見た。あら、タクシーの距離別乗り場があるのか。場所が良くわかんないのに距離がわかるわけねーじゃん。」

良くわかんないので適当に小型に乗車。タクシー会社の名前が「小豆島タクシー」

「出張業務ですか?」「いや、うちの社長が小豆島出身で、、、」

淀川を渡り、梅田、天満。大川を渡り、大阪城がちらちら見えてきました。「あれがコンスタンチノープル以東における最大の要塞、大阪城の天守か。」

そして会場へ。会場は大阪城近く。従って大阪城見えます。

久しぶりに合う親戚の皆さん。懐かしいいとこたち。まあ久しぶりで楽しかったです。ここ数年、中々妻と二人で行動出来ませんでしたが、今回は1日一緒でしたので、それも良かったです。

12月は京都。日本歯周病学会参加。ほぼ仕事。高校の修学旅行以来の京都。

再生療法で使用する新しい薬剤「リグロス」情報が少ないので収集に。認可して1年では実際の臨床成績が揃っていないと思うのですが、何かを探しに。他にも様々な知見のお話があるので現在の標準医療の、或いは先進的な医療の確認。

そうは言っても夜中まで講演があるわけではないので、夜は関西の知人と会う予定(酒?)。夜中までは飲まないですが。散策したいのはやまやまですが、そこまでは時間無し。でも少しはどこかに行きたいです。

関西はほぼ行かない場所なんですが、なぜか重なってしまうもんです。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

歯科医療とは全く関係ないシリーズ(野球、音楽、と遂にシリーズ化)。

映画です。最近サッパリ見てません。でも以前は多い時で月に10本映画館で見てました。ほとんど1人で新宿や有楽町ブラブラ。アラビアのロレンスのデジタルリマスター版観たくて、その時は友人誘って松戸(学生時代住んで居ました。)から新宿まで電車でGo。

砂漠の地平線に遠くからゆらゆらと見えてくるアリの乗るラクダ。有名なシーンです。近づいたと思ったら水場を勝手に使った奴をいきなり射殺。ロレンス(ピーターオトゥール)とアリ(オマーシャリフ)が運命的な出逢いをするシーン。スクリーンで見ないと素晴らしさが分からないかも。上映時間3時間の大作。ロレンスとアリの友情とその悲しい結末がなんとも虚しいのですが、その物悲しさがなんとも言えない感じ。映画らしい映画。

オマーシャリフの他の作品は見たことありませんがピーターオトゥールはラストエンペラーの教師役で久々に見た記憶が有ります。オトゥールの上品で独特な発声のセリフを聴くとスクリーンに引き込まれる様に目が行ってしまいます。

燃えよドラゴン。ブルースリーの代表作。小学生でリーと初めての出会い。リーとオハラの、他のカンフー映画とは緊張感が段違いの試合や地下麻薬工場での超人的なクンフー。初めて見たら必ず虜になるヌンチャクアクション。日本公開時に既にリーは死んでしまっていた。など少年を夢中にさせる要素満載。

告白します。ヌンチャク作りました。練習しました。友達もみんな自分で作って同じ様に練習して技を競ってました。田舎の子供達が田んぼの真ん中でヌンチャクを集団で振り回し、「アチョー」とか「オチャー」とか叫びながら、、、、、

マイケルコルレオーネ。コルレオーネファミリーの三男。粗暴な長男、大人しい次男。そして一見大人しく見えるも実は決断力に優れたマイケル。蜂の巣にされた長男に代わりファミリーを率いて行く事になる過程を重厚な映像で描くマフィア映画、ゴッドファーザー。主演、マーロンブランド(ビト役)の圧倒的なリアリティ、相談役のトムヘーゲンを好演したロバートデュバル。他にもケイを演じたダイアンキートンなど、何でみんなこんなにスゲーのよ、と感じるコッポラの傑作。

暫くパチーノ映画にハマってました。ゴッドファーザーpartⅡ、スカーフェイス、喝采の陰で、狼たちの午後、あたり。

ほぼ中年オヤジの思い出日記になってます。

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

バーシア。ポーランド出身。Time And Tide のジャケ写真やパルコのCMで見る限り非常に美形。さっきネットで調べたら、結構体重増加してそうな写真がズラリ。声量のある女性シンガーの宿命か。美しい透き通るようなボーカルに軽快なポップス(ボサノバチック)で嫌味が無い感じ(ピーターガブリエルⅢとは正反対)。Newday for youはパルコのCMソング。また、アルバムLondon Warsaw New York なんて土地の名前つなげただけなのに、なぜかカッコイイ感じ。大森 蒲田 大井町。、、、なんか違う。亀有 綾瀬 北千住。、、、やはり違う。、、、失礼しました。

セプテンバー。スウェーデン出身(Petra Marklund)。Cry for youから入りましたが、結構軽快な感じで聴き易いポップ。ツタヤにCD在庫はなく、アマゾンで探したらありました。発送元はフロリダ州。送料込みで1000円。なんでこんなに安いんですか!?2週間かかりましたが満足です(レビューじゃありません)。国内販売は無い様で、Youtubeかアマゾンでないと音源は手に入りにくいです。Until I Die、Me & My Microphone、PV見る限り、モデルの様な美人で、流石スウェーデン(?)。今年から聴き始めたのですが、殆ど毎日聴いてます。

オリビアニュートンジョン。中学生時代は金髪美人に免疫が無く(せいぜいチャーリーズエンジェル。)だった為に、初めて見たときはびっくり。ス、スゲー。これぞ金髪美人!!それがフィジカルなんて悩ましい曲歌おうもんなら一発でKO。ザナドゥや、ジョリーンなんかは既にAMラジオでチェック。頭には歌うオリビアの姿を思い浮かべながら、、、今も来日公演やってます。流石に年齢は隠せませんが、懐かしさで涙がちょちょぎれます。

ポリス。スティング、コープランド、サマーズ(バカルディじゃないよ)の3人組。シンクロニシティは非常に完成度の高いアルバム。しかし、Walking on the Moon 、Don't Stand So Close to Me、(高校教師、なんつー邦題!)Can't Stand Losing You みたいな曲の方がポリスっぽい感覚があります。

プリンス(&レボリューション?)。洋楽番組がテレビで新潟でも放映され始めた頃、パープルレインなるアルバムを発表したシンガー。アルバムを過去に遡って探してみると、ジャケ写真の気持ち悪さ全開。髭剃れよ!!PVでるなら普通のズボン掃けよ!!はっきり言って変態じみた雰囲気がプンプン。楽曲はフュージョンっぽいロックながら、結構刺激的(やはり変態?)。結局、結構聴き続けました。一番好きなのはバットマンのサントラ。「変態でも天才ならよし。」

 

ランキングは!?どこへ行った?

書いてるうちに順番つけるのが困難な気がしてきました。音楽についてはまだなんか書きたくなりましたが、気の向いた時にします。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

ジョニミッチェル。あんまり多くの作品を聴いた訳じゃありません。 Mingus 、Wild Things Run Fast 、Chalk Mark in a Rainstorm 程度。聴いたのは大学生の時が多かったです。あんまりよく知らないで聴いてたのですが、今振り返ると結構大御所なんですね。学生時代に聴いた中では一番大人っぽい音だったと、当時は感じていました(ガキですね)。今聴いても高い洗練性を感じます。現在闘病中らしいです。

ピーターガブリエル。ジェネシス時代はあんまし知らないっす。アルバムⅢからです。Don't remember。「思い出せねー!!覚えてねー!!」って連呼。不気味なイントロからなんじゃこれ。でも結構はまりまして、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、迄聞きました。Ⅰ,Ⅱは結構シンプルながらドラマチック。Ⅲはドロドロ。ⅣはShock the monkeyなんかが代表曲。ⅤはBigtimeに代表されるポップ調の大ヒットアルバム。Ⅵは、、、印象無し。聴くのやめちゃいました。

デビッドシルビアン。ジャパン。Japan。ひろみじゃないよ。Japan時代は全く興味ありませんでしたが、ソロデビューしてからは2枚くらい繰り返し(Brilliant Trees、Secrets of the Beehive)聴いてました。著名な楽曲、戦場のメリークリスマスのテーマのボーカル版なんかも入ってたりします。

かなり幅の狭い話になって来ました。わかる人にしかわからない感じ。ゲイブリエル、ジョニ、シルビアン。こんな感じで大丈夫かこのブログ。(毎回心配)

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]

曲の思い出。

ジュリーの追憶、時の過ぎ行くままに、憎みきれないろくでなし。ニーナ、勝新、くわえたばこ。

八神純子のMR.ブルー。生きるのが辛いとき、と始まる歌いだし。夜間飛行と思い出のスクリーン、思い出は美しすぎて。

馬鹿にしないでよ!play back part2のリズムライン。二十歳前後で既にこの感じ。40才、50才の年齢になった彼女の円熟した歌声は聞きたい思い。

洋楽聴いてたって言っても中学生に歌詞がわかる訳は無く、今でも訳詞読まなきゃ良く分かりません。アバのTheWinnerなんかは最近まであんな暗い歌詞だったのを知りませんでした。

U2のWarなんかはなに歌ってるんか分かんなくても、何かが伝わる感じの雄叫びでしたが。The Unforgettable Fire が一番好き。

Hotstaff、強力なイントロから強力なボーカル。今でもあのイントロが流れると、キターって感じ。

Missyou。一応ディスコ。黒く塗れやサティスファクション、ビッチやアンダーカバーなんかも好きね。

ボヘミアンラプソディーを初めて聴いた(高校生時代)時に、こんな楽曲がロックとして成立するのに感動しました。既にThe gameがリリースされていて、プレイザゲームや地獄へ道連れからクイーンに入りましたから結構驚きました。フレディと言えば半裸。タンクトップ。こんなイメージもありますが、それも結構好きですが。

アンダープレッシャーはボウイとフレディのデュエットです。フレディの特異的なボーカルとボウイの表現力豊かなボーカルが上手くマッチした、ボーカルを楽しむ曲。

ボウイのボーカルは表現力が極めて多彩で、チャイナガールみたいな曲でもボーカルテクニックで成立させてしまう圧倒的な能力があり、それをリスナーが覚えてしまうと他のボーカリストが大抵貧弱に聴こえてしまいます。レディスターダストが好きなんですがまだ若いボーカルで、ヒーローズの辺りから他の追随を許さない上手さを感じます。アラビアの神秘は好き。アッシュズトゥアッシュズも好きなんですが、どこが良いのか説明出来ない曲。

マドンナはいまだに現役で活躍しているのが信じられません。デビュー当時は現在の成功を予測できませんでした。3~4枚目のスタジオアルバムから私自身の評価が全く変わり、非常にセルフプロデュース能力が高い事に気がつきました。そうは言ってもライクアバージンやバーニングアップも良く聞いてました。MDMAまで入れると30年くらい!!聞いてるんですね。

次号今度こそランキングへ(読む人いなくても)

 

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`yahoo` not found]